「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ゴキブリ駆除のお話( 21 )

トコジラミ。

別名、南京虫です。

シラミとありますが、実はカメムシ目の昆虫だとか。

しかし、刺されると猛烈にかゆみがあり、

2週間以上もかゆみが消えないのです。

中東やアジアに多く見られるようですが、

日本では殺虫剤の向上で30年程前に、被害報告はなくなったようです。

実は、現在日本で増加している害虫被害の1つです。

海外旅行や輸入品などと一緒に日本へ上陸してしまい、

薬剤耐性を見に付け、急激に繁殖しているのです。

特に、宿泊施設に多いようです。

絨毯、寝具、部屋の隅など色々な場所に生息可能なので、

まずは掃除機等での駆除も可能でしょう。

しかし、最近では環境、生態系の破壊など様々な事が言われています。

プランクトンが増え、魚や貝が少なくなっている。

山には資源が無くなり、野生動物が郊外に出没する。

地球温暖化や異常気象。

今、確かに地球がおかしくなっています。

少なからず関係はしていると思いますが、

このまま地球温暖化が進めば、トコジラミに限らず

様々な害虫が日本で繁殖していくのでしょう・・

日本に限らず、世界で・・

何か、こんな話をしていたら、ものすごく足がかゆくなったのですが、

もしかして、私の家にも!?

蚊だと思いますが・・

皆様もお気をつけください。

トコジラミは1度駆除をしても、再び活動を始める事もあるので、

発見された方はご一報下さい。

ご質問やご相談でもお気軽にどうぞ!

[PR]
by sunvillage1577 | 2009-06-18 17:13 | ゴキブリ駆除のお話

そろそろ・・・。

もう冬まであと少し・・・。




静かな日々が過ごせそうです。




と言っても、仕事はありますけど・・・。




春から秋にかけて、攻撃性の無い虫たちは、




せっせと繁殖し、次世代の虫たちを世に送り出す。





春から秋にかけて、その虫たちを追っかけて、





せっせといい仕事をして、その虫たちを追い散らす。





繋がっていく命との戦いです。終わりのない戦いです。




強い薬を使えば、虫たちは強くなっていく。




生態を利用しながら、キチンと守る。こんな仕事は中々無いなぁ。

[PR]
by sunvillage1577 | 2008-11-08 15:13 | ゴキブリ駆除のお話

最近のゴキブリ事情。

最近は特に赤い奴がうろうろしているようです。

あまり馴染み深くないので、ゴキブリと解る方も少ないらしい・・・。

あの中くらいの大きさが嫌なモンです。大抵はたくさん群れているようですが、

餌が豊富にない場合、動き回るという事がしられてきました。

2~3cm程度で脂ギッシュで、縞々な奴です。あれから2~3回脱皮して大人になる訳ですが、

もりもり食べて暑い時期になると羽が生えて飛び回るそうです。

あと、ちっちゃい黒い真ん中に白い斑点のある虫もゴキブリです。

赤くなるまでに3回~4回脱皮して大きくなります。

大きくなってしまえば2年くらい卵を産み続け、(越冬に成功すると)

その子孫達は1000匹はゆうに超えてしまいます。

下水道から、庭先から、屋根の隙間から、匂いが彼らを呼び寄せます。

彼らはフェロモンを上手に使って生きてきた生物。

匂いにかけては鋭いものを持っているようです。

人間よりも太古の昔から行き続け、進化し続けてきた彼ら。

研究者達は口々に言います。彼らの生態が解れば世界の有り様も違ってくると


e0063013_18375845.jpg

[PR]
by sunvillage1577 | 2008-05-15 18:38 | ゴキブリ駆除のお話

病院関連・・・。

そもそも病院に入るときは(仕事ですが・・・)清潔にする事は

当たり前です。それも、私達の仕事は特に厨房なんかに入るので

気を使います。

先日もとある病院の厨房に行きましたが、当然のように頑張りました。

しかし、惜しいのは建物が老朽化している事。

設計の段階で防虫などを加味していないこと。

中は安全第一で行動されてもなかなか難しい問題があります。

建物は段々老朽化し、悪くなり建物が古くなった分虫も寄りやすくなる。

悪循環です。いくら清潔に保とうと思っても、限界があります。

もちろん、専門の業者が入れば別ですが・・・。

そういった事をコスト的にも、考えてお付合いの出来る専門分野の人間に

なりたいと考えています。害虫は生きる為に本能で行動するのです。

[PR]
by sunvillage1577 | 2007-12-03 12:03 | ゴキブリ駆除のお話

本日の仕事

とある運送会社の本社倉庫の食堂にて

昨年度からご契約頂いて、施工の方をしていました。

今年度は少し契約時期が送れ、今まさに増えそうになっている所でした。


現場を預かるマネージャーの話

「いくら駆除をしていようと日頃の掃除が大切ですよね。」

そのとおりです。

整理整頓、床掃除、大切な事は綺麗にする事。

これが80%。あとは駆除の業者の腕ですかね。


今、当てにされだして12年。これからもっと害虫の事を勉強し

どんな難敵にも対応しようと頑張っている最中です。

いい仕事しましょう。
e0063013_12573832.jpg

[PR]
by sunvillage1577 | 2007-09-22 13:01 | ゴキブリ駆除のお話

今年の繁殖状況。

今年は例年よりも多くクロゴキブリを見ます。

異常気象のせいもあって、動いているモノが多いようです。

猛暑のおかげで下水の中にも熱気が伝わるらしく、

夜な夜な出て廻って行動範囲が広がっているようです。

某スーパーの生ゴミ置場の状況では、例年の3倍程度卵が発見されています。

例年だと1ヶ月の間に5~8個程度ですが、

ひどい所だと20個産み付けられていたりします。

1個から40匹出てくるかと思うと、寒気がします。800匹!!

大群から襲われるなんて事も・・・。

そうならない為に働いているのですが・・・。


まだまだ、暑い日は続きそうです。体調管理をしっかりします。
e0063013_0101432.jpg

[PR]
by sunvillage1577 | 2007-08-30 00:10 | ゴキブリ駆除のお話

盛夏。

日差しで肌が痛くなる今日この頃です。

気象庁では大幅な温度予想の修正があったとか・・・。

暑いことには変わりはありませんが・・・。


最近はクロゴキブリの異常な行動が目に付きます。

温度が上がって活発というよりは、狂乱している感じです。

昼間は涼しげな暗がりに身を潜め、暗くなってくると

闇にまぎれて行動を開始します。

本当の狙いはわかりませんが、きっと食べ物を探します。

人間のように感情等はありませんので、生きる為に行動します。


現在、クロゴキブリの生態も随分と解るようになってきました。

営巣は人目につきにくい所・・・暗い、湿り気がある、餌場が近い、などなど。

成虫になるには越冬が必要である。2年から3年掛かるんです。

という事は、今見ているクロの成虫は平成17年生まれなんですね。

極小の隙間でも入り込む事が出来る。成虫で1.5mm程あればいいとか・・・。


そんな彼らも、生きる為には必死です。外敵を良く察知できるように

良く働く長い頭部の触覚と空気の流れや音を察知する尾部の触覚。

そして、子孫らが必ず生まれてくれるようなっている卵鞘。

良くぞここまで進化したというような形です。


腐肉などを分解する益虫として進化をしてきたゴキブリ、木材などの

セルロースを分解し生きてきたシロアリ。

共に、世の中に必要とされ、進化してきた生き物ですが、

我々が造った世界では害虫となってしまいました。

e0063013_10171231.jpg

何千何万、いや何百億、何百兆の奴らと戦い思う事ですが

少しずつ進化しているのかなぁ。

好敵手に合掌。

[PR]
by sunvillage1577 | 2007-08-07 10:17 | ゴキブリ駆除のお話

イエヒメアリとシロアリとゴキブリ

一番初めにこの世に生を受けたのはシロアリという説がある。

シロアリは日本語でそのように名がついているが、学説によると

シロアリ目 isoptera と呼ばれていましたが、現在では

ゴキブリと同じようなモノとして昆虫ゴキブリ目シロアリ科に属しています。


学説も色々な方向で進み、以前とは違う発表をされる方も大勢居ます。

昔は薬剤についても、人間に害があっても使用出来ていました。

今は、環境、人間への影響、など考えなければなりません。

色々な業者が今まで散々な事を問題行動を行ったり、評判は悪くなるばかり。

一生懸命にやっている業者が可哀想になったりします。



現在、南アフリカからやってきたとされる、イエヒメアリ。南米からやって来たとされる

アルゼンチンアリ。両者とも随分前から国内には生息されていると言われていますが、

駆除の方法は様々です。特に生態を利用したものは食毒を使っていると

考えられます。

[PR]
by sunvillage1577 | 2007-07-23 11:10 | ゴキブリ駆除のお話

久しぶりに仕事の話・・・。

近頃、本当に忙しくなって参りました。

忙しいといっても、新規のお客さんが増えて・・・と言うことではなく(寂)、お客さんが

新たな虫に対して神経質になってきた!と言うことでしょうか。

田舎の方ですと、ムカデ。都会部にはアリなど・・・。

色々な虫がいるんだなぁと感心させられます。

とはいえ、プロなのでそこはしっかりと対応させて頂いております。

最近の流行はイタチ駆除でしょうか。運悪く、屋根裏に侵入を許し、

夜中に運動会を始め、

寝られない夜を過ごされている方もチラホラ・・・。

e0063013_0483719.jpg
でも駆除はしません。殺しません。

捕獲
して遠くの山へ捨てに行きます。
50Km以上はなれて居ないと、戻ってくるそうなので

かなり捨てるまで車が臭いです消臭するのにも時間が掛かるし・・・。

しかし、人里に住むなんてちょっとおしゃれですよね。

[PR]
by sunvillage1577 | 2007-05-14 00:50 | ゴキブリ駆除のお話

暖冬のせい?

今年は暖冬のせいか、ゴキブリの動きが

この時期活発になって来ています。

心なしかこのサイトにも来場される方々の人数も

増えているように感じます。

このホームページも作ってからかなりの時間が

経ちました。

はじめは楽に考えていたのですが、

なかなか、頑張ってやる事で実績がついて来ました。

インターネットというわからない世界でも

色々な情報が流れ、気軽に調べられて、見るだけだと

無料というのがいいですね。

弊社ではもっと力を入れていかなければならない、

箇所だと思います。

そんなこんなで暖冬のせいもあってか

ゴキブリ共にはいい環境に益々なって

日本も温暖湿潤気候ではなく

亜熱帯気候に変わるんではないかと心配しています。

[PR]
by sunvillage1577 | 2007-03-05 12:26 | ゴキブリ駆除のお話