「ほっ」と。キャンペーン

今後の方向性?

こんな話題はどんなモンなんでしょう?

業界的にはかなり深刻な事態であると、大手の方々は言っています。

害虫駆除自体のレベルアップもしないで、そんな話もないモンです。

従来の形ではいかん!と世間の方々も思っている事でしょう。

何か、政治のお話みたいですが、繋がっているようにも思えます。



はっきり、言ってこの業界は何かおかしい。 誠実でない業者の方が多すぎる。



自分達は一生懸命勉強し、先生方の話を聞き、最新技術を得る為に最善を尽くす。

慣れ親しんだ業界ではないという、新参者だからという、新しい挑戦者であるという

気持から生まれた、少しでも努力をすると言う事が間違っているのだろうか?

いや、そんな事があろうハズがない。先駆者達は絶え間ない努力で技術革新し、

日々の営業努力をし、新薬を発掘し、よりよい生活を送れるように考えてきたはずだ!




しかしながら、環境汚染やその他の生物に対する配慮などが欠けていた感もあり、

景気も良かったせいか、言値での商売が横行し、行き渡れば新しい製品の投入。

時には、自分の体を痛めても稼いだ。

環境に配慮しなければ、仕事しちゃぁいかんとなってしまった現在、

今まで頑張ってきた人はどうしていいか解らない。

・・・いや、わかりたくない。




努力して頑張っている人達もきっといる。惰性で動いていない人達。

私は、惰性では動けない。努力して一歩ずつしか歩けない。止まれない。

今の日本もそんな感じだろうと思う。

大きな事は出来ないけれど、お客様に喜んで頂ける、感謝される仕事がしたい。

害虫を愛してあげたい。ありがとう・・・でも、ごめんなさい。


矛盾もありますが、堂々と害虫駆除の仕事をやり続けます。

[PR]
by sunvillage1577 | 2008-07-11 00:39 | 会社の有事
<< 健康と平和。 辛い日々。 >>