別府。ジュニア遠征。

3.11震災からちょうど一年、昨年は東京で

眠れない夜を過ごしたのを、思い出す。

まだまだ、復興には時間が掛かるだろうけど、

皆で支え合って行きたいものだ。


今年は九州のジュニア練成大会に道場の精鋭を連れて行った。

恐る恐るだったはずだが、最後には楽しんでいたようだ。
e0063013_8333363.jpg

温泉では、男親が自分だけだったので、男衆を引き連れて行った。

試合の反省会や我慢比べ、もちろん温泉も楽しんだ。


三羽の子ガラス達は口を揃えて、気持ちが足りないと言っていた。

例えば、喧嘩で負けたくない!とかが自分の空手をする初めだったけど

今の子達は、喧嘩もしないだろうし、殴り合えば大変な事になる。

時代も自分達に比べれば、平和ボケしているように見える。

ただ、競技に関しても、何のスポーツでも、負けたくないという気持ちは

絶対に必要だし、向上心に繋がると思っている。


気持ちを「心」を鍛えるのはどうするのか?子供達に理解させるのは

大変、難しい。常に自分との葛藤の中で自分に勝つしかない。

折れない心、自分自身に勝つ心、相手に勝つ以上に大変である。

そんな事を気付いたのも、温泉で話し合った結果である。


空手道も奥深い楽しみがある。

[PR]
by sunvillage1577 | 2012-03-13 08:47 | 空手道
<< だから こうなんだ! 三月に突入。 >>